当ページではセルライトマッサージを実践することで下半身痩せ対策を目指せる4つのステップを各部位毎に紹介していきます!

 

  • お尻の下部分
  • 太ももの外側部分
  • 太ももの内側部分
  • 膝の内側~上部分
  • ふくらはぎ部分
  • ウエストライン部分

 

いずれも自宅で手軽にできるセルライトケアのマッサージなので、脚やせ対策に活かしたい!という方はぜひ参考にされてみてくださいね♪

 

セルライトマッサージをする前に!4つのステップで効率的に「脚やせ」を目指そう!

セルライトマッサージ

 

→【セルライトを潰したい!】原因を知り除去できる仕組みを理解する!

 

↑のページではセルライトができてしまう原因として「皮下組織が硬くなる」「骨盤のゆがみ」が原因であると解説してきました。

 

当ページではこの根本的原因である皮下組織を柔らかくし脂肪燃焼を促進させる「皮下組織対策のマッサージ」と「骨盤の矯正を目的としたマッサージ」を中心に紹介していきます。

 

いくら脂肪燃焼を効率化できたとしても、肝心な骨盤のゆがみが解消されていなければ意味がありませんし、成功したとしても一時的なものでしかありません。

 

当サイトではステップ1~ステップ4の流れとして...

 

ステップ1【骨格ケア】→ 骨格を整え皮下組織に加わる緊張を減らすマッサージ

ステップ2【皮下組織ケア】→ 皮下組織向けマッサージ

ステップ3【スキンケア】→ お肌を引き締めたるみを防止するマッサージ

 ※皮下組織マッサージはお肌への作用が強く、終わった後(ステップ1・2が)のケアを怠ってしまうとお肌(皮膚)のたるみが発生してしまうことも十分に考えられます。

ステップ4【シェイプアップ】→ 総仕上げ!筋肉に刺激を与え中性脂肪を効率的に燃焼させるマッサージ

 

マッサージを始める前に!進め方を確認!

 

下半身それぞれの部位毎へのセルライトマッサージを行っていく前にステップ1~4の進め方をそれぞれ確認しておきましょう!

 

ステップ1【骨格ケア】骨格を整えマッサージの効果をより上げる!

 

最初に骨盤のゆがみから!倒れた骨盤を立て、骨のねじれを解消し骨盤のケアをおこなっていきます。

 

これにより効率的な骨格のケアをおこない、早くセルライトを解消していくための基盤作りをおこないます。

 

部位によって筋肉の刺激や循環を促すためのプレスケアを「ステップ1」では取り入れています!

 

ステップ2【皮下組織ケア】セルライトに直接働きかける!

 

セルライトマッサージではメインとなるステップで、皮下組織を柔らかくしセルライトの燃焼を促進させます。

 

皮膚をずらしながら、患部を擦り上げるように正しく行っていきましょう!

 

ステップ3【スキンケア】凸凹なお肌を引き締めハリをアップさせる!

 

脂肪が燃焼する際に生じてしまう皮膚のたるみを防ぐのが目的のマッサージです。

 

手の平や指を使って圧を加え、逃がすというマッサージを行います。

 

これにより皮膚の表面を整え、お肌の弾力をキープすることができます。

 

ステップ4【シェイプアップ】筋肉を刺激し効率的な脂肪燃焼!

 

ステップ1~3までの過程をしっかりおこなっていけば、セルライトを解消させる効果は十分なんですが、ダイエットをより確実なものとしたい!と考える人に特にオススメです。

 

普段生活をしててなかなか使われない筋肉を刺激し効率よく脂肪燃焼がおこなわれるよう目指していきます。

 

4つのルールを守りセルライトマッサージを行いましょう!

セルライトマッサージ

 

セルライトマッサージの効果をより確かなものとするため、4つのルールを守り正しくマッサージをおこなっていきましょう!

 

1.皮膚の表面を動かしましょう!

 

我々の皮膚には、表皮・真皮・皮下組織の3つの構成でできています。

 

当ページで紹介するのは「皮下組織」の部分で皮膚と筋肉の部分にあたりここをマッサージしていくことでセルライトケアをおこなっていきます。

 

「筋肉を揉む」というのではなく「表面の皮膚を動かす」ということを意識していきましょう。

 

2.力まない!

 

皮下組織はかなりデリケートな部分なので指で動かし「白くならない」程度の弱い刺激で問題ありません。

 

逆に刺激を強くしてしまうと負担がかかってしまうので気を付けましょう。

 

3.正しい姿勢で!

 

まずは姿勢を整えるというのが重要です。

 

正確にセルライトマッサージをおこなうためにも姿勢を正しく守っておこなっていきましょう。

 

4.オイルは使ったらだめ!

 

「皮膚を動かす」ためには指の裏に皮膚が引っ掛かるような感覚でマッサージするのが大切です。

 

オイルを使ってしまうと滑りやすくなるので、オイルを塗りながらのマッサージは避けましょう。

 

【重要】セルライトマッサージを始める前に!よくある疑問

セルライトマッサージ

 

運動をすることでセルライトがなくならないのは何故!?

 

セルライトは肥大してしまった皮下脂肪なので、理論上は運動でなくなるはずなので多少効果はある場合もあります。

 

しかし、「皮下組織」が硬くなってしまっていると正常な脂肪燃焼はおこなわれず、頑張って運動しても効果が少ないということが多いのです。

 

さらに、運動でダイエットをおこなうとバストから先に痩せてしまいます。(柔らかい部分が燃焼されやすいため)

 

なのでダイレクトに皮下組織を刺激してあげることで、効率的なセルライトケアがおこなえるわけです。

 

セルライトマッサージを行うタイミングは?

 

私達の体には「概日リズム」という太陽の動きに合わせた1日のリズムが存在します。

 

脂肪を効率よく燃焼させると考えるならば、体が活発化する午前中が最適です。

 

リラックスが目的の場合は午後にマッサージするのがオススメです。

 

 食事の前後30分はあけるようにし、入浴中や入浴後30分はマッサージを行わないようにしてください。

 

セルライトマッサージの効果はどれくらいででる?

 

セルライトが酷いなと感じる人ほど効果がでやすく、個人差もありますが人によっては1回のマッサージでサイズダウンすることもあるようです。

 

しかし、多くの方は凸凹なセルライトが気にならない程度になるまで1週間から10日は毎日おこなうようにしましょう。

 

 マッサージの前後はコップ1杯程度の水分を白湯で飲むのがオススメです。

 

セルライトマッサージが向かない人は?

 

当サイトで紹介しているセルライトマッサージが向いてない人は関節や腰を痛めてる方はやめといた方が良いですね。

 

痛みを我慢し無理してセルライトマッサージを行えば現状の痛みがさらに悪化してしまう恐れがあるので、現状の痛みが改善されてからセルライトマッサージをおこなってください。

 

セルライトマッサージをおこなってはいけない時期は?

 

体調が優れないときや妊娠中の方は避けるようにしましょう。

 

ただし、安定期であれば問題ないようで、生理中も特に問題はないですがお腹周りのマッサージは避けるようにしましょう。

 

1日に何回マッサージをおこなえばいいの?

 

部位ごとに1日1回で十分です。

 

筋トレにも通じますが、むやみに何回もマッサージをおこなっても効果が上がっていくわけではありませんし、体をクールダウンさせることも大切です。

 

マッサージの圧はどのくらいの強さがいいの?

 

指で押してみて白くならない程度が最適です。

 

マッサージをしてて後に皮膚が赤くなるようであれば圧が強すぎるので避けてみましょう。

 

部位ごとにマッサージするおすすめな順序はあるの?

 

特にマッサージを行う順序に決まりはありません。

 

下半身や脚やせを目指すならば、下のほうからマッサージをおこなっていくのがオススメです。

 

下記ではいよいよ、各部位ごとのセルライトマッサージの紹介をおこなっていきますよ~。

おすすめの記事